せどり

メルカリはトラブルが多い!?使い方や発送方法は??

投稿日:2015年8月11日 更新日:

メルカリをいまから始める方へ。ここでは出品方法やキャンセル、
よく起こるトラブルなどをまとめています。
メルカリ初心者が気になることをまとめてみました。

Sponsored Links



フリマアプリ・メルカリのトラブルについて

 

手数料無料で話題となったフリマアプリ・メルカリ。
2014年10月からは手数料が導入されていますが、
今でもその人気は健在です。

 

しかし人気の一方で、メルカリでのトラブルも多く見られます。
今回はそのトラブル例を紹介します。

 

まずありがちなトラブルなのが商品が届かないケースです。
メルカリは通販業者との取引ではなく、
個人同士の取引なのでこういうトラブルはありがちです。

 

商品の発送を知らせる発送通知が来ない場合は、
出品者にメッセージを送りましょう。

 

発送通知が来ても商品が届かない場合は
事務局に連絡すればキャンセル出来ます。

 

受け取り評価をしてくれないというトラブルも多いです。
メルカリでは個人間で直接的な金銭の取引をするのではなく、
運営が仲介役に入ります。

 

購入者が支払いを行っても受け取り評価を行わないと、
出品者に売上は行きません。

 

なので取引完了後、受け取り評価をしてくれない場合は
運営に連絡しましょう。

 

メルカリはスマホで使えるアプリなので
中高生なども多数利用しています。
そのため、このようなトラブルも起きやすいのでしょう。

 

メルカリの横取りとは?

人気のフリマアプリ・メルカリでは横取りというトラブルが起こります。
横取りという名前通り、お気に入りの商品を他のユーザーに横取りされてしまう事をさします。

 

また、これにメルカリの規約もからみトラブルの原因となっています。
その当たりついて説明します。

 

メルカリを利用していると、~様専用商品と書かれた
取り置き商品を見かけることがあります。
実はこの取り置きですが、規約では認められていません。

 

メルカリの規約では最初に購入した人と取引する仕組みとなっています。
取り置き商品は、出品者と購入者の間の暗黙のルールと言えます。

 

多くのユーザーも暗黙の了解として取り置き商品を横取りすることはありません。
しかし、規約上は問題のない行為なので、横取りしようと思えば簡単にできます。

 

相手がキャンセルに応じてくれれば問題ありませんが、規約を盾にされたら分が悪いです。
もちろんメルカリ側も対応してくれません。

 

横取りトラブルを防ぐには取り置きではなく、時間指定で出品するようにしましょう。
時間指定を行い、出品URL・タイトルも伝えれば高確率で特定の相手と取引できます。

 

メルカリの出品方法について

 

人気のフリマアプリ・メルカリ。
スマホで簡単に使えると言う事もあり、ユーザーはどんどん増えています。
そんなメルカリの出品方法について紹介していきます。

 

まず、メルカリのアプリをダウンロードして登録を済ませます。
出品作業はここからです。

 

まず出品したい商品の写真を撮ります。
ホームの画面右下からカメラに移動出来るので、出品する商品を撮影しましょう。


Sponsored Links




画像加工ツールもあるので必要に応じて使いましょう。
撮影のコツとしては、なるべく明るく撮ることです。

 

写真は4枚まで登録可能なので同じアングルばかりではなく、
幾つかのアングルで撮影しましょう。

 

次は商品の情報入力に移ります。
撮影した写真を登録し、商品名・価格・商品紹介文などを入力します。
入力が完了したら、出品するのボタンを押して終了です。

 

価格設定は難しいですが、メルカリに同じ商品が
出品されている場合はそれを参考にします。

 

無い場合は価格.com・楽天市場・ヤフオクなどを見て
相場を把握して価格をつけましょう。

 

メルカリで出品をキャンセルするには?

 

メルカリはスマホで使える簡単なフリマアプリです。
その簡単さ故か、どんどん出品してしまうと言う事もあるでしょう。

 

ただメルカリで出品をキャンセル出来る状況は限定されているので、
良く考えて出品するべきです。

 

取引されていない商品なら気軽に出品キャンセル出来ますが、
取引済みの商品は基本的にキャンセル出来ません。

 

メルカリで取引済みの商品を出品者がキャンセル出来る例外があります。
それが入者が支払いを完了せず、支払い期限を過ぎた場合です。

 

支払い期限を過ぎても入金が無い場合、
出品ページにキャンセルボタンが登場します。

 

キャンセルボタンからキャンセルするを
タップすれば出品キャンセルになります。

 

その後、支払いを行わなかった購入者を通報する事も出来ます。

 

上記以外の場合でキャンセルが必要になった時は
どうすれば良いのでしょう。

 

その時は購入者に事情を説明し
キャンセルの合意をもらうしかありません。

 

購入者に合意をもらった後に事務局に問い合わせをすれば、
キャンセル出来るようになります。

 

 

メルカリで上手に売るコツは?

 

スマホのフリマアプリ・メルカリは、
その手軽さから人気となっています。

 

そんな人気のメルカリですが出品しても
なかなか売れないという方も多いと思います。

 

そこでメルカリで商品を上手に売るコツについて紹介します。

 

まずは商品選定が重要です。
フリマアプリなので身の回りの不要品を出品する方が多いと思います

 

しかし自分が不要品と判断したものに
お金を出す人がどれだけいるでしょうか?

 

自分にとっては不要でもニーズがあるもの、
激安なら購入価値があるもの等を選択するといいでしょう。

 

次は商品を出品する時期と時間帯です。
時期は世間の流れに合わせていきます。

 

冬物の商品を出品する場合は、
冬物が売り出される秋頃から出品します。

 

時間帯として売れやすいのは夜19時~24時の時間帯です。
それと土日も利用者が多くなるので売れやすくなります。

 

ただ、土日や夜の時間帯は競争相手も多くなります。
その場合は朝7時から8時、会社の昼休みの時間帯の狙うのがオススメです。

 

 

Sponsored Links

-せどり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした