生活

これでアイディアがひらめく! 私が実践しているアイディアひらめき法

投稿日:

何かものを考えているときに、
いいアイディア降ってこないかな~なんて思ったことはありませんか?

でも突然に降ってくるなんてことはほとんどないですよね。
そこで、私がアイディアを考えるときに体験したり、
これは結構使えるなと思って実際にやっている方法をまとめてみました。

Sponsored Links

アイディアは寝起きにひらめきやすい?

考えがまとまらなかったとしても、次の日の朝に起きてみたら、
不思議なほどに考えがまとまっていたという経験を持っている人も多いはずです。

 

つまり、考えても解決しなかったのに、
眠って起きるだけで、考えがまとまってしまうということです。

 

もし、アイディアが必要であるのなら、寝起きの時間を大切にしてみてください。
アイディアがなかなか浮かばないと、焦りが生じてしまい、
夜遅くまでさまざまなことを考えてしまいがちです。



ただ、私の経験上、数十分考えてもわからないことは、それ以上考えても解決しないことが大半です。であるならば、
夜はきちんと睡眠にあてて、寝起きのアイディア力に頼ったほうが効率的なのではないでしょうか。

 

また、家に仕事を持ち帰っている人も多いはずです。
この場合、多くの人は、帰宅後の夜に仕事に取り掛かるのではないでしょうか。

 

しかし、朝に取り掛かったほうが、
アイディア力が高いため、仕事がはかどりやすいものですよ。

 

今まで働いていた夜の時間は睡眠にあてれば、
そのぶん早く起きられるはずです。
ぜひ、朝型生活にシフトチェンジして、より仕事能率を上げたいものです。

生活に運動を取り入れることで、アイディアはひらめきやすくなる

机のうえで悶々と考え込んでも、なかなかアイディアがひらめかないものでしょう。
しかし、一方で、机から離れて運動をしてみると、
新鮮なアイディアがひらめくから面白いものです。

 

運動といっても、軽いもので構いません。
例えば、ウォーキングなどでしょうか。ウォーキングを20分程度行うだけでも、
アイディア力は高めることができるものですよ。



 

20分程度のウォーキングであれば、
生活に取り入れられる人も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、通勤時に、1駅~2駅分を歩いてみるだけでも、
20分のウォーキングと同等の運動ができたことになるはずです。

 

また、職場でアイディアがひらめかずに困っているという人も、多いのではないでしょうか。
この場合は、例えば気分転換としてお手洗いに行ってみるだけでも、
アイディアはひらめきやすくなるものですよ。

お風呂の時間も大切にしたい



寝起きと運動に加えて、お風呂に入ることでも、
アイディア力を高めることができます。

 

湯ぶねのなかや、お風呂上りなどは、
特にアイディアがひらめきやすいものです。

 

私自身、シャワーのみで過ごしていた時期がありました。
しかし、湯ぶねに浸かる時間をつくってから、
確実にアイディア力が向上したと感じています。

 

もし、「夜は湯ぶねに浸からずに、シャワーだけで済ませる」
という生活スタイルであるのなら、
湯ぶねに浸かる時間も取り入れてもらいたいものです。

 

Sponsored Links


 

湯ぶねに浸かる時間は、数分程度で構いません。
確かに、湯ぶねに浸かる時間は数分程度ですが、時間対効果は抜群です。

 

また、余裕があるのなら、バスタイムで香りを楽しむと、
よりアイディア力を高めることができますよ。

 

例えば、アロマバスにしてみたり、
ボディソープをお気に入りの香りのものにしてみるという具合です。

 

ぜひ、自分に合ったバスタイムを生活に取り入れて、
アイディア力を向上させたいものです。

メモとペンを常備しておこう

ふと思ったことが、素晴らしいアイディアにつながることがあります。
ただ、「ふと思ったこと」って、すぐに忘れてしまうんですよね。

 

「あとでまとめておこう」と考えても、
「なにを思っていたんだろう」となりがちです。

 

だいたいは、「ふと思ったこと」を忘れてしまうと、
その後はずっと思い出せないものです。

 

ただ、すぐにメモをとる癖があれば、「ふと思ったこと」を忘れることはありません。
そのため、アイディアをひらめかせるためには、
メモをとることが大変重要だといえます。



 

また、「ふとアイディアが浮かぶ」ということもありますよね。
「このアイディアは絶対に仕事に使えるぞ」という具合にです。

 

この、「ふと浮かんだアイディア」も、
時間とともに脳から消え去りやすいものですので、
メモをとっておくべきでしょう。

 

あくまでも、「すぐにメモをとる」ことが大切ですよ。
「あとでメモにとればいいや」なんて考えて、
メモをとることをそのまま忘れてしまったら、本末転倒ですからね。

「どんなアイディアがほしいのか」ということを、頭の片隅に入れておく

「どんなアイディアがほしいのか」ということを、
頭の片隅に入れておくだけで、
より精度の高いアイディアが浮かぶものです。

もし、アイディアが浮かばずに困っているのなら、

「どんなアイディアがほしいのか」ということだけは、
把握しておくようにしてください。


 

私は、「どんなアイディアがほしいのか」ということを、
手帳のメモに記述しています。



 

そして、朝起きたときや運動の前、お風呂の前などに、
その手帳のメモを見るようにしています。

 

そうすることで、仕事に直結するようなアイディアが、
ひらめくようになるものです。

 

簡単なメモで問題ありませんので、「どんなアイディアがほしいのか」
ということを把握するという習慣をつけてみてください。

Sponsored Links

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ミナペルホネンって何??生地がすごい!!あの制服も!!

ミナペルホネン。 日本のファッションブランドのひとつです。 このヨーロッパと日本を融合したような ブランドについて調べてみました。 Sponsored Links

フェリシモって通販の評判は!?hacoって何??

フェリシモという通販サービス聞いたことありますか? 20~30代の女性を中心に人気となっている通販サービスのようです。 そんなフェリシモの概要について紹介していきます。 Sponsored Links

マネークリップは意外と使える!「ポケットにマネークリップを入れて外出」のススメ

皆さんマネークリップって知ってます?お財布だけあれば十分って方も多いと思いますが、 これが意外と便利なんですよ。そんなマネークリップについて調べてみました。 Sponsored Links

ロクシタンって何!?評判や口コミは??

皆さんは、大都市の繁華街や空港などで1度は 「L’OCCITANE」と書かれた看板を見かけることがあるのではないでしょうか。 これは「ロクシタン」という化粧品メーカーの看板なのです。 Sponsore …

ラドローって!?えりかとは??ボンボン・カニッシュで大人可愛く!!

ラドローってブランド聞いたことありますか? コンセプトは「大人も可愛くしたい」です。 そんなラドローについて調べてみました。 Sponsored Links