アロエの育て方は??種類はどんなのがある!?増やし方はどうするの??

投稿日:2016年6月11日 更新日:

昔からアロエは「医者いらず」と言われています。
科学的根拠は別にして、この医者いらずの
育て方を調べてみました。


Sponsored Links



アロエの育て方は品種によりさまざま

アロエの育て方を知るには、
まず自分が育てているアロエの種類を知るところから始めましょう。

 

世界中に約400種類もの仲間が生息しています。
それぞれ性格が違いますので、育て方も微妙に違います。

 

アロエの中でももっともポピュラーなのがキダチアロエと呼ばれる種類です。

img_1

 

昔から火傷や虫さされに塗る民間薬として活用されてきました。
花は咲くと赤に近いオレンジ色をしています。

 

黄色い花を咲かせるのはアロエ・ベラと呼ばれる種類です。

Fot

まっすぐな葉が特徴で、
伸びると70センチから80センチにも達します。

 

育て方は寒さに弱いという性質に気をつけ、
特に寒い冬は室内にいれるようにしたいものです。

 

不夜城はコンパクトな姿をしていて、
葉はキレイな濃緑色をしている観賞用の品種です。
丈夫な性質をもっているので育て方は簡単です。

fu

 

このようにひとくちにアロエと言っても品種はさまざまありますので、
それぞれの性格をよく知って育て方にも気をつける必要があります。

 

アロエの育て方で注意が必要な二、三の点

アロエの育て方で気をつけたいのが水のやり過ぎです。

 

特に愛情の深い人ほど育てている花や木への愛情が過ぎてしまい、
やらなくてもいいほど水をやって腐らせてしまう傾向がみられます。
対策としては、わが子の性格をよく知ることがまず大切です。

 

アロエは基本的に乾燥に強い植物です。
そうした性質を知っておくと育て方で迷うことがありません。

 

水やりをする時には、土がカラカラに乾いた後で
タップリと水をやるのがコツといえるでしょう。

 

一ヶ月の間に2回か3回ほど水やりをすれば十分です。
かわいさのあまり水をやり過ぎないよう注意したいものです。

 

アロエは環境にあうとグングン伸びていきます。
その際も育て方に気をつけましょう。

 

伸び放題に放置していると背が高くなりすぎ、
鉢が倒れてしまうようになりかねません。

 

そうなったら、もっと重い鉢に植え替えるか、
上部をカットしてバランスを取るようにしましょう。

 

アロエは丈夫なので、それほど育て方を知らなくても
環境にさえ適合していればグングン育ちます。

 

でも、知識を取り入れてアロエの育て方を
よく知って育てるほうが楽しいのはもちろんです。

 

丈夫で元気なアロエの育て方と増やし方

アロエの育て方の上手な方はドンドン鉢を増やして、
知り合いや友人にあげています。

 

コツをつかめば誰でも増やしていくことができるのです。
手のかからない植物なので、家に緑が少ないと嘆いている人には喜ばれるでしょう。

 

アロエの増やし方の基本は挿木です。
丈夫なのでグングン育ってしまい背が高くなりすぎて
バランスを崩してしまうことも多いでしょう。

 

そこで長い茎を切ってバランスをよくします。
切った茎をほかの鉢に植えると、簡単につきます。

 
Sponsored Links

 

 

 

鉢にはサボテン用の水はけのいい土を入れます。
このように育て方さえ知っていればドンドン増えていきます。
好きな人にあげれば感謝されるでしょう。

 

アロエの株の脇から新しい芽が出てきたら、それも挿木にできます。
子だくさんの家庭がにぎやかで楽しいように、
アロエもドンドン子どもが増えてにぎやかで楽しいものです。

 

育て方を間違えなければ誰でも増やせます。
アロエの育て方やコツを知って緑あふれるご家庭にしましょう。

 

アロエの育て方には冬越し対策も含まれる

アロエの上手な育て方は、
まずはその性質を知るところから始まります。

 

アロエはとっても丈夫で環境さえ合えば
ドンドン増えていくのですが、実は弱さも持ち合わせています。
それは「寒さに弱い」というところです。

 

この「寒さに弱い」という性質をつかんでおくことが
上手な育て方を知るコツとなるのです。

 

気温にすると0℃までは外で育てられます。
日当たりがよく、0℃以上の寒い環境ならとても強い株が育ちます。

 

しかし、0℃を下回る場合は室内に入れるのが原則です。
それが無理なら新聞紙などでくるんで防寒対策が必要になります。

 

アロエの育て方のコツを知ってドンドン株分けして鉢が増えていると、
室内に取り込むといっても限界が生じます。

 

取り込めないものは枯れてしまうでしょう。
それで、アロエの育て方を知ったからといっても、
冬越しの場所を考えて増やす鉢の数を制限しておいた方がよさそうです。

 

アロエの上手な育て方には冬越し対策も含まれるということです。

 

雨の降る屋外での放置がアロエの賢い育て方

アロエの育て方はその性質を知ることが第一です。
キダチアロエは何十年もの年月をかけて

 

樹高4メートルの巨大な木にもなる品種です。
背が高くなるにつれて幹も徐々に太くなっていきます。

 

しかし、こうした性質を知らずに早く大きくしようと焦った育て方をすると、
幹が細いままひょろ長く成長してしまいかねません。

 

こうした状態で幹が折れてしまう、というトラブルがみられています。
ですから促成を促すのではなく自然のままにのんびり育てるのが、
アロエに合った育て方といえるでしょう。

 

また、挿木をして根が出るまでは水やりも気を使いますが、
細い根がドンドン出てしまえばあとは水が足りなくて枯れる心配はあまりありません。

 

室内に入れているなら水やりも必要ですが、
屋外に出しておけば雨が降った時だけの水で十分です。

 

寒さがこたえない程度なら屋外で放置しておくというのが
アロエに合った育て方といえるのです。

 

元気で活発な子は自発性に任せておくことが多いように、
丈夫で元気なアロエも屋外放置で好きにさせておくのが賢い育て方なのです。

Sponsored Links

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

コバノランタナ育て方は?ランタナとの違いは!?

コバノランタナという魅力的な花を知っていますか? 花言葉は「厳格」。ガーデニングでも人気のこの花について 調べてみました。 Sponsored Links

じゃがいもの育て方のコツは??誰でもできるプランター栽培方法!!

皆さんはジャガイモ好きですか?私は大好きです。 ポテチ、フライドポテト、そのまま茹でて塩バターなんてのも いいですね!そんなジャガイモの栽培は難しくないようなので 栽培方法を調べてみました。 Spon …

初心者でも簡単!!実は育てやすいバラ栽培のコツ!!

昨今のガーデニングブームによって、 バラを栽培する方が増えているようですね。 いろいろな場面で目にすることの多いバラですが、 いざ自分で育てようと思うと何となく難しそうに感じてしまうものです。 でも実 …

日陰でもガーデニングは出来る!?どんな植物が向いてる??

ガーデニングを楽しみたいが、植物を植えられるところが 日陰しかないという場合もあります。 そんな時、あきらめないようにしましょう。 日陰に強い植物もあるからです。 Sponsored Links